本文へスキップ

小論文の書き方、添削指導ならお任せください。入試・公務員・教員試験対策はこれで万全。|本文

TOP>講座・初めに>本文を踏まえる

本文を踏まえるとはどういうことかHEADLINE


 大学入試の小論文でよくある出題形式に「課題文を踏まえあなたの意見を述べなさい」といったものがあります。あるいは「次の文章を参考にして、〜についてのあなたの意見を述べなさい」「この文章の論点を踏まえ、あなたの意見を自由に論じなさい」など多少表現が違うことがありますが、どれも問題の趣旨は同じです。「課題文を踏まえる」ということができていない人が意外に多いのです。

ここで本文を踏まえるという事はどういうことなのかごく短い文例で考えてみましょう。仮に次のような問題があったとします。 

【問題】課題文を踏まえ、「日本人の気質について」あなたの意見を述べてください。 

【課題文】日本人は自己主張が苦手な人が多い。例えば会議などの場でも自分から発言する人はほとんどいない。言いたいことをストレートに言う人はむしろ、困った人という目で見られがちだ。      


【解答1】私は日本人が、自己主張が苦手だとは思わない。むしろ最近では、何かと自分の意見を押し通す、クレーマーのような人が増えていると聞く。日本人の気質は時代とともに変化してきていると思う。 

【解答2】日本人の気質として思い浮かぶのは、時間に正確ということだ。例えば鉄道は1分単位の正確さで運行されている。これは外国では考えられないことで日本人の気質を物語っていると言える。


        

 課題文で述べていることは「日本人は自己主張が苦手」という話でした。解答1ではきちんとその点についての認識を出発点にして、最終的に「日本人の気質は時代とともに変化してきている」という自分の結論を出しています。この解答は課題文の論点をきちんと踏まえています。

しかし、しかし解答2は課題文の内容は無視して、問題文の「日本人の気質についてあなたの意見を述べてください」という部分にだけ着目して書いています。もし今回の問題が単純に「日本人の気質についてあなたの意見を述べてください」であったら、解答2でも合格点です。しかし、「課題文の論点を踏まえながら」という条件が付けられた時は、課題文の主張を出発点にしてそこから日本人の気質について自分がどう考えたか、を書かなければいけないということです。

一番間違いのないやり方としては解答の冒頭で簡単に課題文の内容を受けてから、自分の意見を書き始めることです。解答1の例で言えば、

「私は日本人が、自己主張が苦手だとは思わない。むしろ最近では…」 

このように冒頭で課題文に対しての自分の立場を明確にしてから、自分の考えを述べています。実際の答案ではもっとしっかり課題文の内容を受けることになりますが、要はこういう流れにするということです。

今回はごく短い課題文でしたが、長いものになるとこの点があいまいになってしまう答案が多いです。課題文付きの小論文は大学入試で最も多用される出題形式です。課題文を踏まえるとはどういうことなのか、よく理解しておきたいものです。

 拙著「落とされない小論文」では、小論文試験突破のために必要なポイントをわかりやすくまとめています。

 

指導コース等一覧

・試験別対策

 入試基礎・入試錬成

 大学・大学院入試

 公務員・教員試験 

 病院採用試験

 昇進試験

 その他の小論文・文章作成

・リライト(書き直し)
当社の方で答案を完成形に書きなおすサービスです
 書類・文章のリライト


・入試・就職等の模擬面接
 面接指導

・講師派遣
 講師派遣









当塾基本情報

〒103-0004 東京都中央区東日本橋二丁目28番4号                 日本橋CETビル2階
         
代表者   

販売価格 添削指導料のページにまとめて表示しています。

商品の引き渡し時期 お客様からの添削料のご入金後

キャンセルについて サービスのお申し込みから8日以内に当塾までご連絡をお願いいたします。

送料 当塾からお送りする添削済答案などの郵便物等についてはすべて当塾でご負担いたします。お客様の方から当塾にお送りいただく郵便物等についてはお客様のご負担にてお願いいたします。

注文方法 注文フォームのページからの添削指導をお申込みいただけるほか、電話でもお受けいたしております。

支払方法 郵便振替または銀行振り込みでのご入金をお願いいたします。お支払いは先払いでお願い致します。お振込の手数料はお客様にてご負担願います。